但馬

  • 印刷
指定管理者が8月末で撤退すると届け出た出石温泉館「乙女の湯」=豊岡市出石町福住
拡大
指定管理者が8月末で撤退すると届け出た出石温泉館「乙女の湯」=豊岡市出石町福住
指定管理者が8月末で撤退すると届け出た出石温泉館「乙女の湯」=豊岡市出石町福住
拡大
指定管理者が8月末で撤退すると届け出た出石温泉館「乙女の湯」=豊岡市出石町福住

 兵庫県豊岡市は2日、出石温泉館「乙女の湯」(同市出石町福住)の運営を担う指定管理者が8月末で撤退するという届け出を受理したと発表した。指定管理者は地元住民らでつくる組合で、利用者数の減少で赤字が続いていることなどから「継続は困難」と申し出た。市は「継続への可能性を模索しながら、今後の対応を検討する」としている。(末吉佳希、石川 翠)

 旧出石町が建設し、2005年3月にオープン。地元住民らでつくる「田渕温泉運営管理組合」が運営している。「黒湯」や「紅湯」と名付けられた室内浴場や自然を感じられる露天風呂が人気で、近くの城下町を訪れた観光客らも多く足を運ぶ。

 市によると、管理形態は施設の利用料だけで賄う「利用料金制」で、市は委託料を支払っていない。利用客数はピーク時の06年度には13万人超だったが、07年度以降は減少傾向にあり、18年度は7万人を下回った。大人500円、子ども300円の入浴料では採算が難しく、14年度以降は年間100万~400万円の赤字となっていた。昨年5月には食堂と売店が撤退。施設も老朽化していたという。

 指定管理の辞退は今年5月末の同組合総会で満場一致となり、6月5日に市に届け出た。同組合は「限られた残金から回数券の払い戻しなどを考慮した結果、今回の決断に至った。地元住民をはじめ、長らく支えてくれた利用客の期待に添えず残念」としている。

 9月以降について市は「建物の修繕工事についても協議していた。利用客もいるので、運営が続けられるように、運営形態も含めて検討したい」としているが、具体的なめどは立っていないという。

但馬の最新
もっと見る

天気(11月13日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 30%

  • 22℃
  • 6℃
  • 40%

  • 21℃
  • 11℃
  • 30%

  • 21℃
  • 8℃
  • 30%

お知らせ