但馬

  • 印刷
かえる島を望む高台で新たな絵馬を奉納した子どもたち=香美町香住区境
拡大
かえる島を望む高台で新たな絵馬を奉納した子どもたち=香美町香住区境

 兵庫県香美町香住区境の今子浦海水浴場で21日、カエルの形をした奇岩「かえる島」に向けて絵馬を奉納する「絵馬祈願」が行われた。地元の観光関係者や海水浴客ら約70人が参加。この1年に納められた絵馬をたき上げ、新たな絵馬に家内安全や無病息災などを願った。

 北前船の寄港地として栄えたかえる島は、船主らが無事に「帰る」ことを祈った岩とされ、今も「自分を変える」「失ったものが返る」などの願望がかなうスポットとして人気を集める。

 絵馬祈願を催した香住観光協会の藤原由一朗副会長(59)が「幸多い真夏へと活気を持って向かいたい」とあいさつ。「恩を返せる立派な人間になりたい」などと記された絵馬約120枚を、金刀比羅神社(同区香住)の田淵義親宮司(67)が火にくべた。

 その後、海水浴客らはかえる島を望む高台に移り、新たな絵馬を納めた。毎年家族と訪れるという同県西宮市の小学5年女児(11)は「来年も7月の海上花火大会に合わせて香住に帰って来られますように」と笑顔を見せていた。(金海隆至)

但馬の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ