但馬

  • 印刷
風に揺れ、涼しげな音色を響かせる出石焼の風鈴=豊岡市出石町内町
拡大
風に揺れ、涼しげな音色を響かせる出石焼の風鈴=豊岡市出石町内町
風に揺れ、涼しげな音色を響かせる出石焼の風鈴=豊岡市出石町内町
拡大
風に揺れ、涼しげな音色を響かせる出石焼の風鈴=豊岡市出石町内町

 兵庫県豊岡市出石町内町の出石城跡付近を流れる谷山川に、出石焼の風鈴400個がお目見えした。川の上に伸びるロープに、トンボや魚の絵柄、しま模様などのデザインが施された風鈴がつられ、夏風に揺れる。7月末までは夜間のライトアップも行う。

 夏の城下町を涼しげな雰囲気にしようと、但馬國出石観光協会や市商工会などが中心となり、10年以上前から続けている。風鈴は2カ所の窯元で制作したという。

 このほど行われた設置作業には約30人が参加。城跡の石垣から対岸に向かって約20メートルのロープ10本を渡し、50センチほどの間隔で一つずつ取り付けた。同協会理事長の川見善明さん(64)は「形が変わると音色も変わり、涼しげなハーモニーが生まれる」と話している。(末吉佳希)

但馬の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ