但馬

  • 印刷
観光客や住民らの協力で集まった折り鶴=湯村温泉観光協会
拡大
観光客や住民らの協力で集まった折り鶴=湯村温泉観光協会

 広島原爆忌(8月6日)を前に、平和への思いや犠牲者への追悼の思いを込めた折り鶴数万羽が30日、湯村温泉(兵庫県新温泉町湯)から広島市の平和記念公園に届けられる。合わせて同温泉の湯を同市の被爆者養護施設に届ける。

 胎内被爆した女性を吉永小百合さんが演じたドラマ「夢千代日記」の放映を機に、広島と交流している。施設の入所者に気持ちを癒やしてもらおうと、湯のプレゼントを1992年に始め、2006年からは折り鶴も届けている。

 折り鶴は、湯村温泉観光協会が、夢千代館や旅館、金融機関などに折り紙を配布し、24カ所で観光客や住民に協力を求めた。毎年、自宅で折った鶴を持ち込む住民も多いという。

 30日は、町や観光協会の職員らが広島へ。折り鶴を平和記念公園のブースに飾るほか、同温泉から運んだ湯約10トンを同市内の被爆者養護施設2カ所に届ける。

 同観光協会の担当者は「皆さんの折った鶴が平和へとつながり、次の世代にも続いてほしい」と話している。(小日向務)

但馬の最新