但馬

  • 印刷
温泉街の夜を盛り上げる「灯籠絵巻」=湯村温泉街
拡大
温泉街の夜を盛り上げる「灯籠絵巻」=湯村温泉街

 夏の湯村温泉街(兵庫県新温泉町湯)の夜を彩るイベント「灯籠絵巻」が開かれている。浮世絵風の美人画などを中心に15基の灯籠を設置し、温泉街の雰囲気をしっとりと盛り上げている。8月18日までの午後7~10時に点灯する。

 9月に但馬牧場公園(同町丹土)で「但馬“牛まつり”」を開く実行委員会が、同まつりのPRを兼ねて1997年から毎年開催。灯籠は8月に「七夕絵どうろうまつり」を開く秋田県湯沢市から取り寄せた。

 湯村温泉街を流れる春来川に沿って、縦2メートル、横2・8メートルの大型から縦1・8メートル、横1・1メートルの小型まで3サイズの灯籠を設置。十二単をまとったり、子どもたちと遊んだりしている和服の女性らが、日本画や浮世絵風の筆使いで描かれている。

 台風接近などの際には一時撤去する。同町商工観光課TEL0796・82・5625

(小日向務)

但馬の最新