但馬

  • 印刷
豊岡おどりを披露する児童たち=大開通り
拡大
豊岡おどりを披露する児童たち=大開通り
豊岡おどりを披露する児童たち=大開通り
拡大
豊岡おどりを披露する児童たち=大開通り
華やかな衣装で練り歩く稚児行列
拡大
華やかな衣装で練り歩く稚児行列

 但馬三大祭りの一つとされる「柳まつり」が1日、兵庫県豊岡市の中心市街地で開幕した。子どもから大人まで約3200人がみこしの巡行や稚児行列などで街を練り歩き、JR豊岡駅前の大開通りには流し踊りが続いた。2日夜には円山川河川敷で花火大会が開かれる。(末吉佳希)

 杞柳細工の神を祭る柳の宮神社(同市小田井町)の例大祭で、豊岡商工会議所などでつくる実行委員会が毎年開く。協賛行事としてカバンストリート(同市中央町)には夜市が並び、豊田商店街(同市京町)ではカラフルな吹き流しが続く「とよだ七夕まつり」が祭りをもり立てる。

 日暮れ頃、同神社での神事の後、稚児行列などが駅前に向けて出発。市役所前の大開通りでは地元の小学生ら約930人が法被姿にはちまきを締め、豊岡おどりを披露した。大人たちも「アーラ、ヤッチャ、ヤッチャ」など声を合わせながら踊り歩いた。

 稚児行列に初めて参加した女児(6)=五荘奈佐幼稚園=は「かわいい服を着て、みんなと一緒に歩けてうれしかった」と笑顔で話していた。

 2日は午後3時から総合体育館(同市大磯町)で同商議所青年部によるバザーやステージショーなどが開かれ、同6時ごろからは市役所前広場で「豊岡トワイライトジャズ」を開催。同8時の花火大会は豊岡南中学校周辺などで観覧できる。同商議所TEL0796・22・4456

但馬の最新
もっと見る