但馬

  • 印刷
県知事賞を受けた島田勝さんの作品(左端)などが並ぶ会場=但馬文教府
拡大
県知事賞を受けた島田勝さんの作品(左端)などが並ぶ会場=但馬文教府

 第42回但馬美術展が、兵庫県豊岡市妙楽寺の但馬文教府で開かれている。最高位の県知事賞は、同市の島田勝さんが複数の素材を使う技法「ミクストメディア」で仕上げた絵画「ひまわりーな」が受賞。会場には但馬地域などの作家たちの水彩画や日本画、油彩画など67点を展示している。9日まで。

 但馬美術協会などの主催。県立美術館(神戸市)と小磯記念美術館(同)の学芸員が審査した。島田さんの作品は、ヒマワリなどの模様の中に島田さんの娘や愛犬のイメージの複合で描いたという「女の子」が仁王立ち。審査員から「イラスト風の絵柄が目立ち、長く見るほどに興味がわいてくる」と評価された。

 ほかに、初夏の竹野漁港を描いた水彩画や氷ノ山の麓で青空を反射する棚田を描いた油彩画など、さまざまな角度で「但馬」を切り取った作品が並ぶ。豊岡市出身で奈良から帰省中に訪れた男性(68)は「幼い頃に見た地元の景色を思い出す」と見入っていた。

 入場無料。午前9時~午後5時。11日~9月2日には新温泉町浜坂の浜坂先人記念館「以命亭」でも約30点を展示する。但馬文教府TEL0796・22・4407

(末吉佳希)

但馬の最新
もっと見る

天気(11月13日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 30%

  • 22℃
  • ---℃
  • 40%

  • 21℃
  • ---℃
  • 40%

  • 21℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ