但馬

  • 印刷
さまざまな組み木のおもちゃを手掛ける浜田昭文さん=八田コミュニティセンター
拡大
さまざまな組み木のおもちゃを手掛ける浜田昭文さん=八田コミュニティセンター

 兵庫県新温泉町の浜田昭文さん(63)らによる「手づくり木のおもちゃ展」が、同町千谷の八田コミュニティセンターで開かれている。傾いた板の溝や棒などに沿って「動物」が揺れながら降りる組み木のおもちゃを中心に約70点を展示している。31日まで。

 浜田さんは同県香美町村岡区生まれ。1997年から5年間、木の殿堂(同区)に勤務したのをきっかけに組み木を始めた。指導員も務め、趣味として制作を続けている。

 民話の「さるかに合戦」をモチーフにした作品は、板の両側に打たれたピンの間を木製のサルとカニが落ちていく仕組みで、最後はカニがサルを捕まえる。木とひもを組み合わせた「知恵の輪」も。約50点が浜田さんの作品で、ほかは指導を受ける組み木作家の小黒三郎さんや、組み木仲間の作品を出品している。

 浜田さんは「どのような工夫で動くのか興味を持ってもらえれば」と話している。

 月曜休館(12日は開館し、13日休館)。観覧無料。18日には小学生を対象に、木工でカブトムシやクワガタを作る教室を予定(先着15人、材料費1体600円)。同センターTEL0796・93・0888

(小日向務)

但馬の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 25℃
  • 50%

  • 34℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 27℃
  • 50%

お知らせ