但馬

  • 印刷
たらいに乗って懸命にゴールを目指す子どもたち=新温泉町石橋
拡大
たらいに乗って懸命にゴールを目指す子どもたち=新温泉町石橋
たらいに乗って懸命にゴールを目指す子どもたち=新温泉町石橋
拡大
たらいに乗って懸命にゴールを目指す子どもたち=新温泉町石橋

 たらいに乗って水面を進む速さを競う「たらい漕ぎ競争」が10日、兵庫県新温泉町石橋の石橋池であった。子どもから大人まで27人が参加。観客の声援を受け、懸命にかいを漕いでゴールを目指した。

 地元住民らでつくる実行委員会が開き、27回目。わき水が流れ込む石橋池は、昔は生活用水として利用されていたという。大会の会長を務める馬場正男さん(68)が「地域活性化の一環としてほそぼそと息長く続けてきた。みなさん頑張って」とあいさつした。

 参加者たちは、1人ずつたらいに乗って、2人が同時にスタート。それぞれ往復で子どもは50メートル、大人は70メートルのコースを進む時間を競った。力強く快調に漕ぎ続けたり、軽やかに進んだりする人もいる一方で、バランスを崩して水中に落ちる人も。周囲には、観客の声援と笑い声が響いた。

 小学生以下の部で優勝した辻井颯人君(10)=神戸市北区=は「3年連続の出場で念願の優勝。練習では池に落ちて苦労したけど、楽しかった」と笑顔で話していた。(桑名良典)

但馬の最新
もっと見る

天気(10月14日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 50%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ