但馬

  • 印刷
水路に転落した高齢男性を救助して「のじぎく賞」を受けた藤原春枝さん(右)=養父署
拡大
水路に転落した高齢男性を救助して「のじぎく賞」を受けた藤原春枝さん(右)=養父署

 増水した水路に転落した80代男性を救助したとして、兵庫県警養父署が29日、三谷校区自治協議会職員の藤原春枝さん(57)=養父市=に県の善行賞「のじぎく賞」を伝達した。

 同署によると藤原さんは7月30日正午ごろ、自宅近くで通り掛かった農道に杖が落ちていることに気付き、そばの水路(幅約50センチ、深さ約40センチ)に落ちてうつぶせで倒れている男性を発見。水流が強かったが、体を反転させて顔が水につからないようにして呼吸を可能にしつつ、寄り添い続けた。

 周囲に助けを求めたところ、近隣住民4人が駆けつけたため、藤原さんは自宅に戻り、119番。男性は病院に搬送されて一命を取り留め、現在も入院中という。

 藤原さんは「普段は通らない道だったが、偶然が重なって救助できた。自分一人では無理だったので、周囲に人がいて良かった」と笑顔を見せた。(桑名良典)

但馬の最新