但馬

  • 印刷
歴代の宇野雪村賞を受けた作品などを展示する職員=以命亭
拡大
歴代の宇野雪村賞を受けた作品などを展示する職員=以命亭

 兵庫県新温泉町出身の前衛書道家宇野雪村氏(1912~95年)を顕彰する「宇野雪村賞全国書道展」が第20回を迎えるのに合わせ、同町浜坂の浜坂先人記念館「以命亭」で7日から記念展が開かれる。宇野雪村賞・文部科学大臣賞を受けた歴代の19点に加え、宇野氏自身の4点や審査員を務めた書道家らの計34点を展示する。10月9日まで(木曜休館)。

 書道展は同町などがつくる実行委員会が主催し、第20回は9月7日まで作品を募集している。記念展はこれまで第10、15回に合わせて開いており、5年ぶりとなる。

 雪村賞の作品は第1回の「創」から第19回の「進」まで全作品が並ぶ。宇野氏については、同町出身の歌人前田純孝が同町と香美町との境にある春来峠をテーマにうたった短歌を題材にした作品など4点のほか、経歴や肖像写真などを展示する。

 審査員の作品11点のうち、今回の記念展に合わせて寄贈された6点は初公開。いずれも前衛書団体「奎星会」の元会長で、第1~10回の審査員を務めた岸本太郎さんが新元号「令和」を書いた作品などがある。

 入館料200円(小中学生100円)。以命亭TEL0796・82・4490

(小日向務)

但馬の最新
もっと見る

天気(12月8日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ