但馬

  • 印刷
朝日に照らされて雲海の中に浮かび上がった竹田城跡=26日早朝、朝来市和田山町竹田の立雲峡から
拡大
朝日に照らされて雲海の中に浮かび上がった竹田城跡=26日早朝、朝来市和田山町竹田の立雲峡から
朝日に照らされて雲海の中に浮かび上がった竹田城跡=26日早朝、朝来市和田山町竹田の立雲峡から
拡大
朝日に照らされて雲海の中に浮かび上がった竹田城跡=26日早朝、朝来市和田山町竹田の立雲峡から

 兵庫県朝来市和田山町竹田の国史跡・竹田城跡が、本格的な「雲海シーズン」を迎えている。城跡を対面から望む立雲峡には26日未明から多くの人が訪れ、「天空の城」の幻想的な光景に見入っていた。

 雲海は昼夜の温度差が10度以上で風が穏やか、湿度が高いなどの気象条件が重なると発生する。市観光交流課によると、過去4年間の平均では9月に11・5回、10、11月はいずれも15・3回、雲海が確認された。

 この日は午前5時半ごろから空が白み始め、雲間から城跡が姿を現した。流れる雲が城跡にぶつかり散る様は、さながら荒波を渡る軍艦のよう。大阪府高槻市から初めて訪れた男性会社員(60)は「薄く舞う雲が波しぶきにも見えて美しい」と熱心にカメラを構えていた。

 11月末までの城跡への登城は午前4時~午後5時、高校生以上500円。立雲峡は時間制限なしで、大人200円(高校生以下無料)の環境整備協力金を募っている。情報館「天空の城」TEL079・674・2120

(竜門和諒)

但馬の最新
もっと見る

天気(12月7日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 11℃
  • 1℃
  • 30%

  • 10℃
  • 5℃
  • 30%

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ