但馬

  • 印刷
初めて海外へ輸出される「但馬村岡米」と「蛇紋岩米」=豊岡市八社宮
拡大
初めて海外へ輸出される「但馬村岡米」と「蛇紋岩米」=豊岡市八社宮

 但馬(兵庫県)のブランド米「コウノトリ育むお米」を定期的に海外輸出しているJAたじまは今月、新たに台湾への輸出を始めた。今回からブランド米「蛇紋岩米」と「但馬村岡米」の2銘柄をラインアップに追加したほか、観光情報を記したホームページをチェックできるQRコードの仕組みをラベルに導入。同JAは「但馬の魅力がお米を通して海外に伝われば」と期待している。(末吉佳希)

 同JAは2015年から、国際博覧会や海外の百貨店へのブランド米輸出に力を注ぎ、シンガポールや米国、オーストラリアなど5カ国・地域に累計35・8トンを定期的に輸出してきた。

 今回加わった銘柄は、ミネラル分を含む蛇紋岩が堆積してできた土壌で栽培した「蛇紋岩米」と、但馬牛の堆肥や有機質肥料を使用した「但馬村岡米」。同JA営農生産部米穀課の塩見真仁さん(42)によれば「台湾も日本と同じ短粒米を食べる文化がある。味のバリエーションをアピールしたい」という。

 産地情報などを記載したラベルには、但馬県民局がPRのため外国人向けに手掛けた英語サイト「ディスカバー・タジマ」のQRコードを印字。スマートフォンのカメラ機能を使ってコードを読み込めば、歴史や伝統、食文化などの観光情報を知ることができる。

 これまではスタッフが店頭販売したり、現地の日本人学校で食育の授業をしたりするPRを続けてきたというが、塩見さんは「これからは商品一つ一つが『伝道師』として魅力発信に力を貸してくれる」と話している。

但馬の最新
もっと見る

天気(12月7日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 11℃
  • 1℃
  • 30%

  • 10℃
  • 5℃
  • 30%

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ