但馬

  • 印刷
ミシュラン一つ星のシェフが監修した八鹿豚のローストポーク丼=但馬のまほろば
拡大
ミシュラン一つ星のシェフが監修した八鹿豚のローストポーク丼=但馬のまほろば
ミシュラン一つ星のシェフが監修した八鹿豚のローストポーク丼=但馬のまほろば
拡大
ミシュラン一つ星のシェフが監修した八鹿豚のローストポーク丼=但馬のまほろば

 兵庫県朝来市山東町大月、道の駅「但馬のまほろば」内にあるレストラン「茶すり庵」で、格付け本「ミシュランガイド」で星を獲得した名店のシェフ監修の「八鹿豚のローストポーク丼」が提供されている。「但馬の食材の価値を見直そう」と企画した運営会社の飲食事業部長、上村哲也さん(43)は「名産品のこれまでにない味わいを楽しんでもらえれば」と話している。(竜門和諒)

 ミシュランで一つ星を得た京都市東山区のイタリア料理店「リストランテキメラ」のシェフ筒井光彦さんと同じイタリアンレストランで料理人として働いていた上村さんが、筒井さんに監修を依頼した。

 最もこだわったのは豚肉の調理法。塩こしょうで味付けして寝かせ、うまみが流れ出ないように真空パックで密封。約65度の低温で2~3時間かけてじっくり焼き上げ、さらに寝かせるなど、全工程は2~3日に及ぶ。

 スライスした八鹿豚を、黄色のターメリックライスに乗せ、但馬産を中心にビーツやパプリカなど約10種の野菜をちりばめる。最後にココナツ風味のカレーソースをからめ、カレーの辛さと八鹿豚の甘みがバランスよく合った新感覚の味を楽しめる。

 野菜サラダと岩津ネギスープが付いて1600円。11月中旬ごろまでの期間限定で、1日10食のみの提供となる。

 上村さんは今後も筒井さんと協力し、但馬牛や岩津ネギなどの特産品を使った新メニューの開発を続けるという。

 午前11時~午後8時。道の駅「但馬のまほろば」TEL079・676・5121

但馬の最新