但馬

  • 印刷
勢いよくグラウンドに集まる各地区の屋台=竹田小学校
拡大
勢いよくグラウンドに集まる各地区の屋台=竹田小学校
金飾りなどで装飾され、勇壮な練り合わせを披露した屋台=竹田小学校
拡大
金飾りなどで装飾され、勇壮な練り合わせを披露した屋台=竹田小学校
金飾りなどで装飾され、勇壮な練り合わせを披露した屋台=竹田小学校
拡大
金飾りなどで装飾され、勇壮な練り合わせを披露した屋台=竹田小学校

 台風19号の影響で強い風や雨となった12日から一転、但馬全域が穏やかな天候となった13日、各地で秋祭りが催された。だんじりや屋台の激しい練り合わせや伝統芸能の奉納、みこしの巡行などが繰り広げられた。

 兵庫県朝来市和田山町竹田では「竹田秋祭り」の本宮があった。竹田小学校では計10区から「やっさ」と呼ばれる屋台が集まって練り合わせがあり、迫力ある掛け声が町に響いた。

 竹田の秋祭りは、1867年の大政奉還を住民らが祝福したことが始まりとされる。台風19号接近のため、12日の宵宮を中止。奉賛会によると、部分的でも祭りの中止は、31年前に昭和天皇の容体悪化を受けて自粛して以来という。

 午後3時、竹田小には大小20基の屋台とこどもみこし1基が集まった。平松慎一奉賛会長(69)も「宵宮が中止になった分、どの区もいっそう活気づいている」と興奮気味。一斉に始まった練り合わせでは、担ぎ手たちが屋台を前後に大きく揺らし、「よいさ、よいさ、よいさっさ」の掛け声に合わせて高らかに持ち上げていた。

 加都区のこどもみこしで音頭をとった竹田小3年男児(9)は「頑張ったら声がかれた。でも楽しかった」と話していた。(竜門和諒)

但馬の最新
もっと見る

天気(12月7日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 11℃
  • 1℃
  • 30%

  • 10℃
  • 5℃
  • 30%

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ