但馬

  • 印刷
「香美町とと活隊」が名前を公募しているオリジナルキャラクター(同隊提供)
拡大
「香美町とと活隊」が名前を公募しているオリジナルキャラクター(同隊提供)

 魚食の普及を目指して活動する「香美町とと活隊」が、魚に関する思い出や出来事をテーマにした川柳コンテストを開く。また、同隊が2014年の発足時から使うオリジナルキャラクターの名前も募集している。31日まで。

 兵庫県香美町では14年4月、毎月20日を「魚(とと)の日」と定めた全国初の条例を施行。コンテストは、地元の水産加工業者有志らでつくる同隊が毎年10月の魚食普及月間に合わせて開き、6回目になる。川柳の最優秀作にはマツバガニとセコガニのセット(5万円相当)を贈る。

 オリジナルキャラクターは、隊員の原田敦行さんが「精力的に魚食普及に取り組もう」との思いを込め、足を付けて走り回る魚の絵をデザインした。選ばれた名前の考案者には香住ガニ(ベニズワイガニ)のセット(2万円相当)を贈る。

 いずれも作品数に制限なく応募できる。11月20日に同隊のフェイスブックで結果を発表する。

 応募用紙に必要事項を記入し、郵送かファクス(0796・36・3360)で送る。インスタグラムで「#とと川柳2019」または「#とと活隊名付け親」を付けて投稿するか、フェイスブックでも受け付ける。〒669-6544 香美町香住区香住1854、香住水産加工業協同組合。とと活隊事務局TEL0796・36・1103

(金海隆至)

但馬の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 22℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 21℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ