但馬

  • 印刷
「日本の名湯百選」に認定された湯村温泉街=新温泉町湯
拡大
「日本の名湯百選」に認定された湯村温泉街=新温泉町湯

 温泉療法医が薦める健康と保養の温泉地「日本の名湯百選」に湯村温泉(兵庫県新温泉町湯)が認定され、24日、同温泉街の保養所で関係機関が開いた連携会議で発表された。同町は温泉を生かした健康増進や観光振興などに取り組んでいる。

 認定しているNPO法人「健康と温泉フォーラム」には、温泉療法の研究者や医師、全国にある温泉地の観光、商工団体、自治体などが参加している。「百選」には県内の城崎温泉(豊岡市)や有馬温泉(神戸市)、赤穂温泉(赤穂市)を含め、100カ所を認定。湯村温泉は、同町内で認定されている浜坂温泉と七釜温泉のエリアに加わる形で選ばれた。

 この日の連携会議には兵庫、熊本、長野、群馬県などの自治体職員や観光協会の代表ら約30人が出席。同フォーラムの合田純人常任理事が湯村温泉が加わったことを報告した後、同町おんせん天国室の福井崇弘室長が同町の魅力やこれまでの取り組みなどについて説明し、「新しい切り口で観光資源を楽しんでもらえる工夫をして、新たな客層を誘致したい」と訴えた。

 湯村温泉観光協会の朝野泰昌会長は「観光客らへのPRにも利用できるし、関係者の励みにもなる。より幅広い客層を誘致できるよう生かしたい」と話していた。(小日向務)

但馬の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 22℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 21℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ