但馬

  • 印刷
災害を想定した訓練で臨時FM局の模擬放送を行った「Qねっと関西」のメンバー=養父市八鹿町小山
災害を想定した訓練で臨時FM局の模擬放送を行った「Qねっと関西」のメンバー=養父市八鹿町小山

 兵庫県養父市は27日、震度6弱の地震を想定した総合防災訓練を、同市八鹿町小山のつるぎが丘公園グラウンドなどで行った。南但消防本部や養父署、公立八鹿病院の関係者や住民ら約150人が参加。負傷者の搬送や放水訓練などを行った。また、臨時災害FM局の模擬放送や車を使った給電サービスなども行われ、被災時の対応や減災に向けた知識を深めた。

 養父断層を震源とする震度6弱の地震が市内で発生したと想定。午前9時前に、緊急速報が送られ、訓練が始まった。約850人の市民が見守る中で、土砂で埋まった家屋や倒壊ビルから負傷者の搬送、受け入れなどの対応を確認した。

但馬の最新