但馬

  • 印刷
ジェンダーの平等について意見を交わす豊岡市の中貝宗治市長(左)と小島慶子さん(中央)ら=東京都内
拡大
ジェンダーの平等について意見を交わす豊岡市の中貝宗治市長(左)と小島慶子さん(中央)ら=東京都内

 女性にとって働きがいのある職場を増やし、まちの魅力につなげようと、兵庫県豊岡市は28日夜、ジェンダーの平等について考える意見交換会を東京都内で開いた。中貝宗治市長がタレントの小島慶子さんと対談。女性の記者や経営者らも参加し、多様性を受け入れるまちづくりについて話し合った。

 人口減少が進む中、女性に選ばれる市を目指し、誰もが働きやすい職場をつくろうと、同市は4月にワークイノベーション推進室を設置。経営者や管理職の意識改革を促すワークショップのほか、短い日数や時間で働く「プチ勤務」の相談会を開くなどの取り組みを進めている。

 意見交換会で中貝市長が取り組みを紹介し、「役割はジェンダー平等ののろしを上げること。成功例を一つ一つ作り上げたい」などと話した。小島さんは、同市の小学校で取り入れている演劇ワークショップをジェンダー教育にも活用することを提案した。

 参加者からは「ジェンダーの平等は男性も自由にする」「男性の市長が発信することで伝わりやすくなる」など、活発な意見が出された。(今福寛子)

但馬の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 20%

  • 12℃
  • 9℃
  • 60%

  • 16℃
  • 13℃
  • 30%

  • 14℃
  • 11℃
  • 20%

お知らせ