但馬

  • 印刷
「香住松葉がにまつり」をPRする実行委員会のメンバー=神戸新聞社
拡大
「香住松葉がにまつり」をPRする実行委員会のメンバー=神戸新聞社
「浜坂みなとカニ祭り」をPRする実行委員会メンバー=神戸新聞社
拡大
「浜坂みなとカニ祭り」をPRする実行委員会メンバー=神戸新聞社

 6日解禁となるズワイガニ漁に合わせ、浜坂漁港(兵庫県新温泉町芦屋)や香住漁港西港(同県香美町香住区若松)では16、17日、カニ料理を味わうイベントが開催される。両町の関係者が神戸新聞社を訪れ、イベントをPRした。

 浜坂漁港では16日午前9時~午後1時、「第32回浜坂みなとカニ祭り」が開かれる。浜坂漁協や浜坂観光協会などでつくる実行委員会の主催。セコガニ(ズワイガニ雌)が入ったかごをクレーンでつり上げて大釜に入れ、ゆでたてを即売するコーナーのほか、セコガニのみそ汁無料提供(先着3千食)やセコガニの身出し早技大会が行われる。

 同協会認定の「かにソムリエ」がとれたてのマツバガニ(ズワイガニ雄)をその場でさばくコーナーでは、刺し身やゆでガニ、焼きガニが味わえる。セコガニ丼やセコガニコロッケなどのコーナーも。同協会TEL0796・82・4580

 香住漁港西港では17日午前9時~午後0時半、「第37回香住松葉がにまつり」が開かれる。カニすき雑炊の早食い大会や素人せり市などの人気企画のほか、セコガニ(ズワイガニ雌)のつかみ取りを実施する。

 香住観光協会や但馬漁協などでつくる実行委員会が主催。カニの本場・香住のかにまつりで最も古い歴史がある。

 ちくわまきで開幕。マツバガニや香住ガニ(ベニズワイガニ)のほか、鮮魚や水産加工品、農産物、へしこや梨ワインなど特産品の即売コーナーも。同協会TEL0796・36・1234

(藤原 学、金海隆至)

但馬の最新