但馬

  • 印刷
季節の花や実などを使った作品が並ぶ「県いけばな展」=豊岡市大磯町
拡大
季節の花や実などを使った作品が並ぶ「県いけばな展」=豊岡市大磯町

 兵庫県いけばな協会と、但馬地域の8流派でつくる但馬いけばな協会の会員の作品を集めた「県いけばな展」(神戸新聞社など主催)が16日、じばさんTAJIMA(同県豊岡市大磯町)で始まった。今年は但馬の協会創立30周年。晩秋から初冬にかけて盛りとなる花や実などを生かした約100点が展示されている。17日まで。

 ナンテンなど身近な植物のほか、ユリやランなどの豪華な花など出品者の感性に合わせたさまざまな素材で生けられた作品が並ぶ。乾燥した木の根や金属の網、板などを使った上で木の実などを配した立体造形のような作品も目立った。

 但馬いけばな協会の濱田豊碧会長は「季節の素材を使い、出品者の個性によって生けた作品を展示している」と話した。入場無料。(小日向務)

但馬の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 14℃
  • 5℃
  • 10%

  • 14℃
  • 0℃
  • 0%

  • 15℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ