但馬

  • 印刷
新たに提供される岩津ねぎを使った鍋やうどんなどの新メニュー=但馬のまほろば
拡大
新たに提供される岩津ねぎを使った鍋やうどんなどの新メニュー=但馬のまほろば
岩津ねぎをのせたチーズとハンバーグの「岩津ねぎフォンデュバーグ定食」=但馬のまほろば
拡大
岩津ねぎをのせたチーズとハンバーグの「岩津ねぎフォンデュバーグ定食」=但馬のまほろば
岩津ねぎをふんだんに使った「岩津ねぎ鎧鍋」=但馬のまほろば
拡大
岩津ねぎをふんだんに使った「岩津ねぎ鎧鍋」=但馬のまほろば
岩津ねぎの甘辛さがカレーの香味と合う「岩津ねぎカレーうどん」=但馬のまほろば
拡大
岩津ねぎの甘辛さがカレーの香味と合う「岩津ねぎカレーうどん」=但馬のまほろば

 兵庫県朝来市の特産品「岩津ねぎ」を使ったメニューが、道の駅「但馬のまほろば」(同市山東町大月)で提供されている。レストラン「茶すり庵」やフードコートでオリジナルメニュー3種類を提供するほか、ギョーザや卵焼きなどの加工品も販売している。(竜門和諒)

 岩津ねぎは毎年11月23日に販売が解禁されている。寒さが厳しいほど甘さが増すのが特長。来年3月21日までの期間限定で、市内の道の駅やスーパーなどに並ぶ。

 「茶すり庵」では販売期間中の限定メニューとして、溶かしたチーズとハンバーグの上に岩津ねぎを乗せた「岩津ねぎのフォンデュバーグ定食」(税込み1700円)と、細切りとあぶった2種類の岩津ねぎに但馬どりを加えた豪華な「岩津ねぎの鎧鍋」(同1350円)を用意。フードコートでは、豚バラのうまみとねぎの甘みが程よく合わさった「岩津ねぎカレーうどん」(同780円)が味わえる。

 物販コーナーでの一押しは、担当者が「ねぎの味を一番感じられる」と考えた配分の岩津ねぎを混ぜ込んだ「岩津ねぎ餃子」(20個入り、同1080円)。だし巻きや鎧鍋のだしにも使われているしょうゆベースの濃縮スープ「岩津ねぎをいっぱい食べる鍋」(同350円)も販売している。道の駅「但馬のまほろば」TEL079・676・5121

但馬の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 14℃
  • 5℃
  • 10%

  • 14℃
  • 0℃
  • 0%

  • 15℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ