但馬

  • 印刷
シーズンの安全を祈る関係者ら=ハチ北高原
拡大
シーズンの安全を祈る関係者ら=ハチ北高原

 ハチ北高原スキー場(兵庫県香美町村岡区大笹)で30日、スキー客の安全と十分な積雪を願う冬山開きの神事があった。周囲の山は雪化粧をまとい、ゲレンデ周辺では関係者らがシーズンの繁栄を祈った。オープンは14日の予定。

 ハチ北観光協会が開く恒例行事。ゲレンデ近くの大山祗神社で行われた神事には、スキー場経営者ら約60人が出席し、玉ぐしを奉納するなどした。式典で、浜上勇人香美町長は「スキー場はまちの経済の要。円滑な除雪作業でアクセスを守りたい」と話した。

 昨シーズンは雪不足により、但馬全体でスキー場利用者の減少が目立った。同協会は今年、駐車料金の早期割引を始めたほか、今後は多言語翻訳機やキャッシュレス決済導入などで利便性を高め、集客を図る。

 同協会の西谷正二理事長(53)は「常連はもちろん、外国人旅行者も楽しんでもらいたい」と話した。(末吉佳希)

但馬の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 14℃
  • 5℃
  • 10%

  • 14℃
  • 0℃
  • 0%

  • 15℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ