但馬

  • 印刷
フットサルの関西大会を勝ち抜いた但馬南サッカースクールの選手ら=8月31日、加古川市立総合体育館
拡大
フットサルの関西大会を勝ち抜いた但馬南サッカースクールの選手ら=8月31日、加古川市立総合体育館

 兵庫県の但馬南サッカースクール(SS)が獲得していた「第25回全日本ユースU-15(15歳以下)フットサル選手権全国大会」(来年1月11日、三重県)への出場権が白紙になったことが、13日までに分かった。関西サッカー協会フットサル委員会が、関西代表の枠は「1」だったのを「2」と勘違いしていたため。今月22日に、和歌山のチームと代表決定戦を行うことになり、関係者は困惑を隠せない。(桑名良典)

 但馬南SSは昨年4月に結成し、養父市や朝来市、豊岡市などの小中学生が所属する。中学生で構成するジュニアユースは6月のフットサルの兵庫県大会で優勝。8月に加古川市で開かれた関西大会では6府県の代表がA組とB組に分かれた予選リーグを戦い、A組1位とB組2位、A組2位とB組1位による代表決定戦で、それぞれの勝者が代表となっていたはずだった。

 しかし今月上旬、日本サッカー協会から、関西代表の枠は「1」と指摘された。関西サッカー協会によると、大会要項を勘違いしたことと、担当者任せで二重チェックもなかったことが原因という。同協会は「あってはならないこと。両チームにおわびしたい。発覚が遅れ、全国大会の直前になったたことは遺憾」としている。

 但馬南SSのジュニアユースは11人制が主体で、中学3年生は10月で公式戦を終え、現状は中学2年生以下のチームとなっている。フットサル全国大会に向けて先月下旬から3年生が集まり、全体練習を始めたばかり。今月22日に大阪市内でセットスター和歌山と対戦することになり、急ピッチで練習を重ねている。

但馬の最新
もっと見る

天気(8月16日)

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 36℃
  • 24℃
  • 10%

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 39℃
  • 27℃
  • 10%

お知らせ