但馬

  • 印刷
円山川決壊場所に設けられた六方防災ステーション立野拠点=豊岡市立野
拡大
円山川決壊場所に設けられた六方防災ステーション立野拠点=豊岡市立野
かばんの神様「柳の宮」がある小田井縣神社=豊岡市小田井町
拡大
かばんの神様「柳の宮」がある小田井縣神社=豊岡市小田井町
聖火リレーが通過するJR竹田駅周辺の城下町=朝来市和田山町竹田
拡大
聖火リレーが通過するJR竹田駅周辺の城下町=朝来市和田山町竹田
朝来市内の聖火リレーの終着点となるJR竹田駅=朝来市和田山町竹田
拡大
朝来市内の聖火リレーの終着点となるJR竹田駅=朝来市和田山町竹田
丸山美穂さん
拡大
丸山美穂さん

 2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレーで各地を通るルートの詳細などが17日、発表された。兵庫県のスタート地点となる豊岡市では防災や地場産業のかばんにゆかりのある地点を巡り、同県朝来市では国史跡・竹田城跡や城下町の街並みを含む経路となった。

 出発は5月24日、豊岡市立野の円山川東側にある六方防災ステーション立野拠点。2004年の台風23号で堤防が決壊した場所だ。盛り土をして整備した広場で、平常時は災害時用のコンクリートブロックや土のうなどが置かれている。

 立野大橋を渡り、カバンストリート(宵田商店街)の交差点へ。北上して行き当たる小田井縣神社(同市小田井町)には、かばんのルーツとなる杞柳細工の神様を祭る「柳の宮」がある。かばん専門店「オルター・エゴ」のオーナー土生田直樹さん(41)は「かばん生産日本一のまちを多くの人に知ってもらえる好機」と期待を込める。

 北但大震災の復興建築郡の一つ、豊岡稽古堂(同市中央町)前が到着地。「復興五輪」の理念のもと、復興と支援への感謝を表す。

 朝来市では竹田城跡内を巡るほか、JR竹田駅東側を南下し、たけだ城下町交流館(旧木村酒造場EN)の敷地内を走る。

 地元では隔年の4月に開く「わだやま竹田『お城まつり』」を聖火リレー通過日に合わせて開催する構想も出ているという。前回の東京五輪でも聖火リレーを見たという竹田地域自治協議会まちづくり部会の藤岡秀夫さん(68)は「竹田の町を楽しんでもらい、地域みんなで一生残る良い思い出をつくりたい」と話す。

 ランナーの1人に選ばれた南但消防本部の消防副士長丸山美穂さん(28)=同市=は但馬で採用された初の女性消防士。「夢のよう。すでに緊張している」と顔をほころばせる。大学1年の時の東日本大震災を機に消防士を志し、「育った町を守りたい」と同本部に入隊した。「自分が走る姿を多くの人に見てもらって、消防士を志す女性が増えれば」と期待する。(石川 翠、竜門和諒)

但馬の最新
もっと見る

天気(8月10日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

お知らせ