但馬

  • 印刷
長期休館することになった城崎温泉の外湯「御所の湯」=豊岡市城崎町湯島
拡大
長期休館することになった城崎温泉の外湯「御所の湯」=豊岡市城崎町湯島

 城崎温泉の外湯で、年間約40万人が訪れる「御所の湯」(兵庫県豊岡市城崎町湯島)が、屋根の老朽化に伴う改修で長期休館することが18日、分かった。8月に天井の木材が崩落したため休館して調査したところ、屋根全体の腐食が進んでいることが判明。大規模な改築が必要となり、運営する城崎町湯島財産区は「完全復旧までには1年以上かかる可能性もある」としている。

 7カ所ある外湯の一つで、2005年に現在地に移転新築された。京都御所をイメージした外観で、開放感たっぷりの大浴室と、裏山に滝を整備した露天風呂で人気を集める。

 財産区議会の事務局となる市城崎振興局によると今年8月、大浴室の天井から木製の角材(約10センチ四方、長さ約1メートル)が洗い場付近に落下。数人が利用していたが、けが人はなかった。

 屋根にはもともと通気口があったが、利用客から「寒い」との声を受けて10年以上前に発泡スチロールでふさいだため蒸気がたまりやすくなり、木材の腐食が進んだとみられる。

 財産区議会は18日、屋根の解体に向けた補正予算案を可決。休館への対応として、既に他の外湯の開館日を増やしたり、営業時間を延長したりしている。(石川 翠)

但馬の最新
もっと見る

天気(1月22日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 50%

  • 12℃
  • ---℃
  • 40%

  • 12℃
  • ---℃
  • 40%

  • 11℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ