但馬

  • 印刷
フダバキッチン店長で道の駅やぶの駅長に就任予定の木谷理志さん=養父市養父市場
拡大
フダバキッチン店長で道の駅やぶの駅長に就任予定の木谷理志さん=養父市養父市場

 2019年2月末に閉鎖された道の駅やぶ(兵庫県養父市養父市場)の飲食・物販施設の後継テナントが、29日までに決まった。朝来市和田山町でカフェレストラン「フダバキッチン」などを運営する企業「ロッカン」(東京都)が有償で譲り受け、来春をめどに複合型飲食店を開業する。カフェや油そば専門店、ファミリーレストランを併設し、家族層などをターゲットにするという。(桑名良典)

 円山川右岸の県道沿いに立つ道の駅やぶは1994年4月に開業。第三セクターの養父市場開発がレストランと農産加工品などの物販スペースを運営してきたが、北近畿豊岡自動車道が2012年に延伸されて以降、道の駅の前を通る車の通行量が減少し、営業不振で閉鎖された。

 「ロッカン」は朝来市出身で八鹿高校ОBの福富英人さん(39)が社長を務める。東京都で油そば店などを展開するほか、17年3月、朝来市のビジネスホテル内に「フダバキッチン」を開業させた。サンドイッチや牛すじオムライスなどが人気を呼んでいる。

 道の駅の飲食・物販施設は閉鎖後に養父市が譲渡先を募集し、ロッカンが名乗り出た。施設を三つのゾーンに分けて、2月末に油そば専門店を、4月にカフェなどを全面開業させる方針。福富さんは「但馬を訪れる観光客やトラック運転手に加え、家族層をターゲットにしたい」と話す。

 フダバキッチン店長で道の駅の駅長に就任予定の木谷理志さん(40)は「フダバキッチンはランチ中心だが、新店舗は朝から夜までにぎわう店づくりを目指したい」と話している。

但馬の最新
もっと見る

天気(1月22日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 50%

  • 12℃
  • ---℃
  • 40%

  • 12℃
  • ---℃
  • 40%

  • 11℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ