但馬

  • 印刷
成人式を終えて記念撮影する新成人ら=八鹿文化会館
拡大
成人式を終えて記念撮影する新成人ら=八鹿文化会館
河合美智子さん(前列中央)と集合写真に収まる新成人ら=浜坂多目的集会施設
拡大
河合美智子さん(前列中央)と集合写真に収まる新成人ら=浜坂多目的集会施設

 成人の日(1月13日)を前に、兵庫県但馬3市2町で12日、成人式が開かれ、各会場では、晴れ着姿の新成人が同級生との再会を喜んだ。式典では代表が夢や目標を語り、地域を支えていく意気込みを訴える声も目立った。

 養父市では八鹿文化会館で成人式が行われ、色鮮やかな振り袖や真新しいスーツ姿の新成人199人が出席した。広瀬栄市長が「人口減少で市も厳しい状況だ。自立した大人として、まちづくりの一翼を担って」と呼び掛けた。

 その後、新成人代表の2人が「誓いのことば」。高木快さんが「測量で市内各地を回り、現場で学んでいる。誇りと責任をもって一つ一つの仕事をやり遂げたい」と決意を述べた。松井咲樹さんは「京都の専門学校で学んでいるが、帰郷すると安心できる。養父市で在宅看護に携わりたい」と将来の夢を語った。

 一方、新温泉町では浜坂多目的集会施設で成人式があり、129人が出席。式典では、新成人代表の山村直輝さんと倉田陽菜さんが壇上に立ち、「一日一日を大切に生き、いつか胸を張って自分の人生を語ることのできる大人へと成長していきます」と誓った。

 式典後には昨年、日本遺産に認定された麒麟獅子舞の披露や、2018年に豊岡市に移住した女優の河合美智子さんからのエールが送られた。

 新成人による実行委員会のメンバーで、司会を務めた加藤桃子さん(20)は、「地元を離れた多くの同級生の顔を見られて良かった」とし、祖父母の介護経験から「体も心のケアもできるような介護福祉士になりたい」と話していた。(桑名良典、石川 翠)

但馬の最新
もっと見る

天気(7月3日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 27℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ