但馬

  • 印刷
新型コロナウイルスについて「過度に恐れず冷静に」と呼び掛ける但馬県民局豊岡健康福祉事務所の柳尚夫所長=豊岡市幸町
拡大
新型コロナウイルスについて「過度に恐れず冷静に」と呼び掛ける但馬県民局豊岡健康福祉事務所の柳尚夫所長=豊岡市幸町

 感染拡大で不安が広がる新型コロナウイルス。対策や心構え、問題点などについて、但馬県民局豊岡健康福祉事務所(兵庫県豊岡市)の柳尚夫所長に聞いた。(聞き手・石川 翠)

 -感染者数や死者数が増えているという連日の報道を見て、不安を募らせている人も多い。

 「中国での死亡事例の内訳は分からないが、高齢者や持病がある人の可能性が高いとみられる。少なくとも、免疫力の高い子どもの事例はない。特別に恐ろしいウイルスではない。インフルエンザでも、直接や間接的に死亡した人は日本で年間1万人を超える年もあった」

 「感染には、せきやくしゃみに含まれる多量のウイルスを直接吸い込む飛沫感染と、付着したウイルスを触ってしまい、口や鼻に入るなどの接触感染がある。長時間一緒に過ごす『濃厚接触』によって感染している。感染者とすれ違ったり、短時間電車に乗り合わせたりしただけでは感染しない。過度に怖がらず、冷静に行動してほしい」

 -対策は。

 「通常のインフルエンザや風邪の対策と同様に、手洗いとうがいをしっかりしておけば感染リスクは下げられる。不特定多数の人が触れる場所に接触したときには、石けんで指の間や手首まで丁寧に洗うことや、アルコール消毒液で除菌すること。うがいでのどに付着しているウイルスを出すことも大切だ。外出時にマスクは付けた方がいいとはいえ、基本的には感染者が他人にうつさないためのもの。予防に効果が高いわけではない。もし感染しても、健康な人であればウイルスへの抗体ができ、自然治癒する可能性も高い」

 -今の日本の対策について。

 「厚生労働省は、感染の疑いがある人を専門的に診察する『帰国者・接触者外来』を医療機関に設置するよう都道府県に要請した。疑いの定義については、①発熱(37・5度以上)かつ呼吸器症状がある②発症から2週間以内に中国湖北省への渡航歴があるか、渡航歴があって発熱と呼吸器症状がある人との濃厚接触歴がある-の両方を満たす場合としている」

 「問題は、症状がないにも関わらず、検査結果が陽性だった人を、陰性が確認されるまで隔離している事態だ。インフルエンザに感染した場合と同様に、自宅で安静にして外出を避けるなどの対応で十分だと考える。世論を理由に感染者を隔離するのは人権上も行き過ぎ。住民の命を守るためには、肺炎で重症化した患者を治療する対策に力点を早急に移すべきだ」

     ◇

 豊岡健康福祉事務所TEL0796・26・3660(平日午前9時~午後5時半)▽県疾病対策課TEL078・341・7711(同、休日と夜間はTEL090・3265・8583)▽厚生労働省TEL03・3595・2285(午前9時~午後9時)

但馬の最新
もっと見る

天気(7月13日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

  • 24℃
  • ---℃
  • 80%

  • 24℃
  • ---℃
  • 80%

  • 24℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ