但馬

  • 印刷
コウノトリを静かに見守るように啓発する看板を設置した地元住民たち=朝来市山東町三保
拡大
コウノトリを静かに見守るように啓発する看板を設置した地元住民たち=朝来市山東町三保

 兵庫県朝来市山東町三保の人工巣塔でコウノトリが産卵したとみられることを受け、周辺住民がこのほど、観察や写真撮影時に巣塔に近づかないように注意を呼び掛ける看板を設置した。

 市内では、三保と同市和田山町久田和の巣塔でそれぞれペアが産卵したとみられる。三保区では2009年の巣塔設置以来待ち望んだ産卵だが、区長の衣川修二さん(68)によると、観察のため巣塔の下に長時間止まる車や、羽ばたく姿を写真に捉えようと石を投げる人もいたという。そこで、住民が注意喚起を行うことを決めた。

 看板は縦約180センチ、横約70センチ。大声や刺激によって「子育てをやめてしまう」ことや「遠くから静かに見守りましょう」といった呼び掛けなどを掲げ、イラストもあしらった。

 衣川さんは「自然のものなので、刺激を与えないようにしてほしい」と訴えている。(竜門和諒)

但馬の最新
もっと見る

天気(8月15日)

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 10%

  • 39℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ