但馬

  • 印刷
体に負担の掛からない介助技術が学べる冊子=豊岡市幸町、県豊岡総合庁舎
拡大
体に負担の掛からない介助技術が学べる冊子=豊岡市幸町、県豊岡総合庁舎

 介護の経験や資格がないままに老人ホームなどで働く人が増えている状況を受け、兵庫県立但馬長寿の郷(養父市八鹿町国木)はこのほど、初心者が基本的な介助技術を学べる冊子「絶対に身につけたい!身体的負担を軽減する基礎的介助技術」を作成した。介護する側と受ける側のどちらにとっても負担が少ない介助ができるように、写真を使って分かりやすく紹介。施設での指導や研修などに生かしてもらう。(阿部江利)

 長寿の郷は2018年度、介護職員の働きやすさなどを考えようと、但馬の介護施設代表らでつくる検討会議を立ち上げた。但馬の特別養護老人ホームを対象に、職員の離職などに関する調査を実施した。

 調査には17施設が協力し、施設長や指導者ら100人と、採用から3年以内の初任者97人が回答。初任者の約4割が介護に関する資格を持たないことや、約半数が「介助方法に悩み、身体・精神的負担から離職を考える」と感じていることなどが分かった。

 結果を受け、同会議は冊子を作成。いろいろな動作を写真で順に並べて説明し、「力を使うのではなく、介助者の体重移動で全身の力を使って」といったポイントも載せている。施設内での研修に使えるように初任者用と指導者用を各200冊作り、71施設に配った。電子データ版もある。

 今回は、起き上がりや車いすへの移動を支える動作を扱う「起居・移乗」編をまとめたが、今後は「姿勢の確保」など2編も作る予定。長寿の郷の担当者は「体に負担の掛からない介助技術が定着すれば、しんどい、きついといった介護のイメージが、楽、かっこいいへと変わっていくかもしれない」と話している。同施設TEL079・662・8456

但馬の最新
もっと見る

天気(6月5日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ