但馬

  • 印刷
酒造りに使うアルコールを転用して造った消毒液にラベルを貼る従業員=此の友酒造
拡大
酒造りに使うアルコールを転用して造った消毒液にラベルを貼る従業員=此の友酒造
酒造りに使うアルコールを転用して造った消毒液にラベルを貼る従業員=此の友酒造
拡大
酒造りに使うアルコールを転用して造った消毒液にラベルを貼る従業員=此の友酒造

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う消毒液不足を受け、兵庫県朝来市山東町矢名瀬町の此の友酒造が、酒造りに使うアルコールを活用して消毒用アルコールを製造し、12日から出荷する。瓶詰めを終えた約600本に「飲用不可」などと書いたラベルを従業員が貼り付ける作業を続けている。

 国税庁は5月1日、一定の要件を満たした高濃度アルコール製品の酒税を免除すると全国に通知。同社では旅館や飲食店の休業で4月以降の出荷が激減していることから、消毒用アルコールの製造を決めた。

 仕入れた高濃度の醸造用アルコールを米焼酎で薄め、保湿効果のあるグリセリンを添加。アルコール濃度は「七転び八起き」の願いをかけて78%に調整し、500ミリリットル入りの瓶に詰めた。

 木村祥三社長(61)は「この状態が続けば商売が成り立たない。利益はほとんどないが、新型コロナ終息に少しでも役に立てば」と話している。同社TEL079・676・3035

(竜門和諒)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

但馬の最新
もっと見る

天気(6月5日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ