但馬

  • 印刷
20年間で開かれた企画展のポスターが並ぶ=あさご芸術の森美術館
拡大
20年間で開かれた企画展のポスターが並ぶ=あさご芸術の森美術館

 開館20年を昨年迎えたあさご芸術の森美術館(兵庫県朝来市多々良木)で、これまでに開いた企画展のポスターが展示されている。彫刻や絵画、アニメなどさまざまなジャンルの97枚が並ぶ。7月5日まで(水曜休み)。

 同市出身の彫刻家淀井敏夫氏(1911~2005年)の作品を展示する記念館として1999年に開館した。淀井氏が語った「人々が交流できる美術館に」との遺志を継ぎ、これまで292回の企画展と公募展を開催。延べ約43万7千人の来場者を迎えた。

 「裸の大将」として親しまれる画家山下清の絵画を紹介した2002年の「山下清展」や、模型メーカー「海洋堂」(大阪府門真市)の作品を集めた18年の「海洋堂フィギュア展」にはそれぞれ約1万人が訪れたといい、担当者は「企画を思い出して懐かしんでもらえれば」と話している。

 午前9時半~午後5時。入館料500円(高校・大学生300円、小中学生200円)。同美術館TEL079・670・4111

(竜門和諒)

但馬の最新
もっと見る

天気(8月5日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ