但馬

  • 印刷
15年にわたり、農作業で市民農園の再生を支援してきた「まち・コミュニケーション」のメンバーや支援者たち=豊岡市出石町鳥居
15年にわたり、農作業で市民農園の再生を支援してきた「まち・コミュニケーション」のメンバーや支援者たち=豊岡市出石町鳥居

 2004年の台風23号で大きな被害を受けた兵庫県豊岡市出石町鳥居地区で農園再生を支援してきた神戸市長田区のNPO法人「まち・コミュニケーション」が、農作業による支援活動に区切りを付ける。神戸などから片道2時間半かけて通い、被災家屋の片付けや市民農園のにぎわいづくりに汗を流した15年間。同法人代表理事の宮定章さん(44)は「多くの人に活動を支えてもらった」とかみしめる。(阿部江利)

 同地区では出石川が決壊し、住宅の大半が浸水した。当時区長だった廣井昌利さん(79)によると、地元農家らが計画する市民農園はその2週間前に起工式を終えたばかり。大量のがれきや土砂が流れ込んだが、自宅が被害を受けた農家らは生活再建で精いっぱいだったという。

但馬の最新
もっと見る

天気(8月11日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 37℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 28℃
  • 30%

お知らせ