但馬

  • 印刷
折れ曲がった「姫路ナンバー」。発見時はもっと曲がっていた=新温泉町内
拡大
折れ曲がった「姫路ナンバー」。発見時はもっと曲がっていた=新温泉町内
1市6町で配布される「麒麟のまちパートナーステッカー」(新温泉町提供)
拡大
1市6町で配布される「麒麟のまちパートナーステッカー」(新温泉町提供)

 新型コロナウイルス感染拡大とともに、自粛を過度に強いる「自粛警察」や、県外ナンバーに嫌がらせをする「他県ナンバー狩り」といわれる行動が問題化しており、兵庫県但馬地域の住民の「姫路ナンバー」の車が鳥取県で被害を受けるケースが相次いでいる。麒麟(きりん)獅子舞の歴史文化が伝わる鳥取市や兵庫県新温泉町、香美町など1市6町でつくる経済生活圏域「麒麟のまち」は、圏域の在住者向けにオリジナルステッカーを作り、17日から各市町の役場で無料で配布する。(末吉佳希)

 新温泉町に住む40代女性は6月下旬、鳥取市内の商業施設の駐車場で車のナンバープレートを曲げられる被害に遭った。ナンバーは60度ほどの角度に折れ曲がっており、車の修理店は「自然に曲がるのはあり得ない」と説明。女性は「自粛の緩和を待ち、数カ月ぶりの買い物だったのに」と肩を落とす。兵庫県警美方署に相談し、鳥取県警にも被害を訴えた。

 知人に伝えると、ほかにも「朱肉のような物で車にインクを付けられた」や「自粛を訴える貼り紙をされた」などの被害を聞いた。女性は「新温泉町民にとっては鳥取も生活圏だけど、姫路ナンバーはやはり播磨地域の印象が強いのかな」と話す。

 これらの問題を受け、但馬の在住者に安心して往来してもらおうと、鳥取市が中心となり、車などに貼り付ける「麒麟のまちパートナーステッカー」約1600枚(マグネットタイプ1300枚、シールタイプ300枚)を作製。「麒麟のまち」のプロモーションも兼ねて配布する。

 新温泉町の担当者は「自粛が緩和された今でも被害を受ける町民がいると聞く。ステッカーを通じて、幸せを呼ぶ『麒麟』の心で圏域内の絆や思いやりの意識が強まり、連携しながらコロナ禍を乗り越えることができれば」と願っている。

但馬の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ