但馬

  • 印刷
「但馬五国5色バーガー」を商品化した道の駅の担当者=養父市八鹿町高柳
拡大
「但馬五国5色バーガー」を商品化した道の駅の担当者=養父市八鹿町高柳
セコガニバーガー(山陰海岸ジオパーク浜坂の郷)
拡大
セコガニバーガー(山陰海岸ジオパーク浜坂の郷)
(左から)黒ごまバンズの香住ガニバーガー(あまるべ)、但馬牛黒バーガー(村岡ファームガーデン)
拡大
(左から)黒ごまバンズの香住ガニバーガー(あまるべ)、但馬牛黒バーガー(村岡ファームガーデン)
(左から)岩津ねぎラー油バーガー(但馬のまほろば)、ねぎらうバーガー(フレッシュあさご)
拡大
(左から)岩津ねぎラー油バーガー(但馬のまほろば)、ねぎらうバーガー(フレッシュあさご)
(左から)とよおかっこ卵の神鍋清流サーモンバーガー(神鍋高原)、朝倉山椒と八鹿豚のローストバーガー(ようか但馬蔵)
拡大
(左から)とよおかっこ卵の神鍋清流サーモンバーガー(神鍋高原)、朝倉山椒と八鹿豚のローストバーガー(ようか但馬蔵)

 兵庫県の但馬地域の「道の駅」が共同で「但馬五国5色バーガー」を考案した。朝倉サンショウや但馬牛など3市2町の特産品を素材にした逸品7種類をそれぞれの施設で販売し、周遊してもらうのが狙い。東京五輪をイメージした企画で、開会式の予定だった23日から販売する。(桑名良典)

 食と農と観光で但馬をつなぐ道の駅ネットワーク協議会の主催。新型コロナウイルス感染拡大で観光施設が厳しい経営状況の中、同協議会会長の田丸明人さんが「地域を元気にしよう」と発案した。オリンピックリングの5色をイメージさせる素材を使うことや、但馬3市2町の「五国」のPRを目指し、7施設が参加。いずれも、素材の良さを引き出そうと料理担当者が趣向を凝らした。

 「緑」を演出するのは朝来市の2カ所。「但馬のまほろば」はバンズに「岩津ねぎ」のパウダーを練り込む「岩津ねぎラー油バーガー」。「フレッシュあさご」の「ねぎらうバーガー」は、岩津ねぎが解禁される11月23日までは青ネギを使い、相性の良い鶏肉とテリヤキソース、わさびマヨネーズで仕上げている。

 ほかに、「青」=朝倉山椒と八鹿豚のローストバーガー(ようか但馬蔵)▽「黄」=とよおかっこ卵の神鍋清流サーモンバーガー(神鍋高原)▽「黒」=但馬牛黒バーガー(村岡ファームガーデン)と、黒ごまバンズの香住ガニバーガー(あまるべ)▽「赤」=セコガニバーガー(山陰海岸ジオパーク浜坂の郷)。

 田丸さんは「地域特性が出て特徴的なバーガーに仕上がった。周遊して食べて元気になってもらえれば」と話している。

 450~千円。道の駅神鍋高原は平日限定販売のため、27日から販売する。

但馬の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ