但馬

  • 印刷
浴衣姿で改札業務にあたる駅員=JR城崎温泉駅
拡大
浴衣姿で改札業務にあたる駅員=JR城崎温泉駅

 4連休初日の23日、兵庫県豊岡市のJR城崎温泉駅(同市城崎町今津)で、駅員が浴衣や法被姿で業務を始めた。花火や花柄など華やかな装いの駅員が改札で旅行客を迎え、特急列車が到着する際には並んで手を振るなど、夏の温泉街の情緒を4連休初日演出した。

 「ゆかたの似合うまち」が合言葉の城崎温泉街の雰囲気づくりに協力しようと、同駅が2008年から毎年続ける。今年は8月23日までの土日曜・祝日の計13日間、午前9時から午後6時まで行う。

 新型コロナウイルス感染予防のためのマスクを、旅館関係者や城崎中学校の生徒らが浴衣生地を使って手作りし、同駅に寄贈した。駅員は浴衣や法被に合うマスクを着け、華やかな装いでホームに立った。

 自前の浴衣で改札に立った女性(21)は「お客さまから『かわいいね』と声を掛けてもらうことも多く、コミュニケーションのきっかけになる」と話していた。(竜門和諒)

但馬の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ