但馬

  • 印刷
先制のホームを踏んだ八鹿の小田垣統也一塁手を迎えるベンチ=植村直己記念スポーツ公園野球場
拡大
先制のホームを踏んだ八鹿の小田垣統也一塁手を迎えるベンチ=植村直己記念スポーツ公園野球場
試合後、保護者らにあいさつする村岡高3年の部員ら=植村直己記念スポーツ公園野球場
拡大
試合後、保護者らにあいさつする村岡高3年の部員ら=植村直己記念スポーツ公園野球場

 「夏季兵庫県高校野球大会」(兵庫県高野連主催、神戸新聞社など後援)但馬丹有地区ブロックの但馬地区大会第2日は24日、植村直己記念スポーツ公園野球場(同県豊岡市日高町野)で2試合を行った。八鹿が浜坂を下し、豊岡が村岡を破って4強が出そろった。

 第1試合は、八鹿が三回、主将の小田垣統也一塁手(3年)の三塁打などで3点を先制。七回にも2点を追加して浜坂に快勝した。投げては先発嘉住怜也投手(3年)が2桁奪三振の1失点完投。「雨でいつ中断されるか分からなかったので、失点するわけにはいかなかった」と振り返った。

 昨秋の地区大会で初戦敗退した悔しさを胸に「まず1勝」の目標を突破。小田垣主将は「但馬の頂点を目指したい」と意気込んだ。

 第2試合は息詰まる接戦が続いた。豊岡は3-2で迎えた九回、古賀優愛右翼手(3年)が二死満塁で走者一掃の二塁打を放ち、試合を決定付けた。「エースの米田がピンチをよくしのいでくれていたので、点差を付けられて良かった」と笑顔を見せた。

 村岡は、四回の打席でエースの三方流星投手(3年)が左ひじに死球を受けるアクシデントに襲われた。五回以降、練習試合で1度しか登板経験のない伍々颯遊撃手(1年)が救援のマウンドに。1点こそ奪われたが、八回までは追加点を許さない好投で応えた。

 打線は1点差を追いつこうと、五回から得点圏にランナーを再三進めたが、ホームが遠かった。颯遊撃手の兄で主将の零三塁手(3年)は「後輩たちに支えられた試合。チームには感謝しかない」と涙を流した。(竜門和諒)

但馬の最新
もっと見る

天気(9月30日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 17℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

お知らせ