但馬

  • 印刷
ワークショップで地域の魅力について考える参加者たち=但馬信用金庫本店
ワークショップで地域の魅力について考える参加者たち=但馬信用金庫本店

 かつて商業地として栄えた兵庫県豊岡市の宵田地区の商店主らでつくる「宵田・元町地域まちなか再生協議会」が、まちづくりの再検討を始めた。今春、地域の魅力や今後のファンづくりを考える部会が発足。部会長を務める但馬信用金庫(同市中央町)の宮垣健生常勤理事(41)は「魅力的な事業者が増える中、にぎわいを地域全体に広げる仕組みを考えたい」と話している。(阿部江利)

 宵田地区は2004年から、地元商店街が「カバンストリート」と銘打ち、地場産業のかばんを打ち出したにぎわいづくりを続ける。同協議会は、県や市のまちづくり事業の一環で16年に発足。範囲を元町地区とその周辺まで広げ、商店主らを中心に今後のまちづくりを考えている。

但馬の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ