但馬

  • 印刷
新たに地域おこし協力隊員になったレハン・ネルさん(左)とケビン・ネルさん=朝来市役所
拡大
新たに地域おこし協力隊員になったレハン・ネルさん(左)とケビン・ネルさん=朝来市役所

 兵庫県朝来市の地域おこし協力隊員に、南アフリカ出身の双子、兄のケビン・ネルさん(27)と弟のレハン・ネルさん(27)が加わった。同市によると、外国人の協力隊員は県内では洲本市に続いて2例目。ケビンさんは朝来地域自治協で神子畑(みこばた)選鉱場跡など「鉱石の道」のPRを担当し、レハンさんはいくの地域自治協で空き家を活用した地域づくりを目指す。任期は最長3年。

 2人は母国で空手を習っていたことなどから日本に関心を持ち、大学でデザイン学を専攻した後の2017年にそろって来日。ALT(外国語指導助手)として、ケビンさんは同県姫路市の中学校、レハンさんは札幌市の高校で働いた。旅行で訪れた朝来市の自然や人に魅了され、協力隊員に応募したという。

 このほど同市役所で開かれた委嘱式で多次勝昭市長は「外国という広い視野を朝来のまちづくりに生かしてほしい」とあいさつ。2人は「これまでの学びを生かし、商品デザインやデジタルマーケティングにも取り組みたい」「多くの人に朝来を訪れてもらえるように頑張る」と意欲を見せていた。(竜門和諒)

但馬の最新
もっと見る

天気(9月30日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 17℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

お知らせ