但馬

  • 印刷
オリジナルステッカーを基に作ったポロシャツを今西英誉船長(左)に手渡す西村太さん=柴山港
拡大
オリジナルステッカーを基に作ったポロシャツを今西英誉船長(左)に手渡す西村太さん=柴山港
ケンサキイカをデザインしたステッカー
拡大
ケンサキイカをデザインしたステッカー

 今が旬の「ケンサキイカ」の釣りを活気づけようと、兵庫県新温泉町歌長のプロデュース業、西村太さん(49)がオリジナルステッカーを作製し、希望する遊漁船などに無料で配布する活動を続けている。西村さんは「ケンサキイカは甘みが強く、刺し身が絶品。ホタルイカと同様に地域の食の魅力としてアピールしたい」と意気込む。(末吉佳希)

 西村さんは食品や衣類のデザインなどを手掛ける「エフ・エー・プロデュース」の代表を務め、休日は遊漁船での釣りを楽しんでいる。4月の緊急事態宣言で渡船業のキャンセルが相次いだと知り、「自分にできることはないか」と、ケンサキイカのシーズンが始まる6月ごろにステッカー配布を発案した。

 日本海側で釣れるケンサキイカは通常、胴長25~30センチほどが釣れる。中には50センチ超えの「大剣」と呼ばれる大物も狙えることから、ステッカーには「キャッチ・ザ・ビッグソード(大剣をとれ)」を合言葉に、イカや剣などを西村さんがデザインした。3種類を各100枚印刷し、釣り人や遊漁船の船長、釣具屋に配った。

 西村さんが会員制交流サイト(SNS)で投稿したステッカーの情報を見た柴山港(同県香美町香住区沖浦)の遊漁船「第二福祥丸」の今西英誉(ひでよし)船長(41)は「ポロシャツにしてお客さんに配りたい」と希望。イカの墨の汚れが目立たないように黒地にステッカーと同様のデザインを施し、約40着を2回に分けて届けた。

 今西船長は「デザインがかっこいいのでお客さんに人気。コロナで活気が落ち込みがちな中、モチベーションが上がってありがたい」と話している。

但馬の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 20%

お知らせ