但馬

  • 印刷
現在の看板=豊岡市九日市下町((C)Googleストリートビュー)
拡大
現在の看板=豊岡市九日市下町((C)Googleストリートビュー)
2018年6月、変化が見え始め=豊岡市九日市下町((C)Googleストリートビュー)
拡大
2018年6月、変化が見え始め=豊岡市九日市下町((C)Googleストリートビュー)
2011年5月時点=豊岡市九日市下町((C)Googleストリートビュー)
拡大
2011年5月時点=豊岡市九日市下町((C)Googleストリートビュー)

 コウノトリが「シラサギ化」している? 兵庫県豊岡市九日市下町、国道312号に設置されているPR看板に描かれたコウノトリがシラサギのようだ、との「疑惑」が一部の市民の間でささやかれている。現場で見上げたところ、そこには確かに「白い鳥」の看板があった。どうやら羽の黒い塗装がはげてしまったようだ。(石川 翠)

 看板には「ここは但馬(豊岡)コウノトリ翔(かけ)る郷(さと)」の文字とともに、大きく羽ばたく鳥のイラストが描かれている。その姿はコウノトリだが、特徴である羽の下部の黒い部分が白くなってしまっている。

 管理する県豊岡土木事務所によると、2006年に開催された「のじぎく兵庫国体」を前にした05年、おもてなしのPR看板として市内数カ所に設置した。羽が黒いままの看板もあるが、担当者によると「この場所は西日をよく受けるため色あせてしまったようだ」という。

 市民からの指摘はなかったというが「コウノトリが白いと思われてはいけないし、看板の役目も終えているので、修繕よりも年内の撤去を検討する」とのこと。「珍種」のコウノトリが見られるのも残りわずかになりそうだ。

但馬の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ