但馬

  • 印刷
店頭販売されている新品種「なしおとめ」=たじまんま豊岡店
拡大
店頭販売されている新品種「なしおとめ」=たじまんま豊岡店

 兵庫県が初めて開発したナシの新品種「なしおとめ」が、今夏も同県豊岡市八社宮の農産物直売所「たじまんま豊岡店」で販売されている。県豊岡農林水産振興事務所によると、今年は雨が多く、その後に晴れが続いたため、昨年よりも大玉が店頭に並ぶ。糖度は12度で二十世紀梨より高く、食感も良いという。旬は8月中下旬。

 但馬では香美町を中心にナシの生産が盛んだが、品種は9月に収穫される二十世紀梨がほとんど。県北部農業技術センター(朝来市)では、農作業の手間を分散するとともに、より長い期間に出荷ができるように、新品種「但馬1号」を開発した。2017年に品種登録され、18年から「なしおとめ」の商標名で本格的に販売されている。

 現在は香美町、新温泉町と豊岡市の農家33人が栽培。今年は約2トンの収穫を目指すが、まだ生産量は少なく、販売はたじまんま豊岡店とJR京都伊勢丹店(京都市)内に限っている。

 同事務所の担当者は「香り高く、上品な甘さが特長。ぜひ味わってみて」とPRする。1個200~500円程度。たじまんま豊岡店TEL0796・22・0300

(阿部江利)

但馬の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ