但馬

  • 印刷
水槽越しにトドと触れ合えるツアーの様子=豊岡市瀬戸(城崎マリンワールド提供)
拡大
水槽越しにトドと触れ合えるツアーの様子=豊岡市瀬戸(城崎マリンワールド提供)

 兵庫県豊岡市瀬戸の城崎マリンワールドが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で約半年間休んでいた動物との触れ合い体験を再開した。感染予防をしながら楽しめるように体験プログラムを新たに企画。第1弾「距離をとってトドと遊ぶツアー」では、アクリル水槽越しに餌やりをしたり、トドたちに芸の指示を出したりできる。30日まで。

 同施設では感染予防のため、イルカに触れる体験やイルカのトレーナー体験などを2月下旬から休止している。再開を期待する声もあることから、接触や密集を避けられるように工夫した。新ツアー第1弾には、11歳の雌ハマと22歳の雌コノハが参加。水槽越しにトドと向き合って指示を出し、「あっかんべー」やバイバイ、水中で鼻から泡を出す動作を間近で楽しめる。同施設の担当者は「体験してこそ感じられることがある。今後も体験メニューを続けたい」と話している。

 1日1回、正午から約10分間。参加は5歳以上(7歳以下は保護者同伴)で、定員5人。500円。1週間前からホームページで予約を受け付ける。城崎マリンワールドTEL0796・28・2300

(阿部江利)

但馬の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ