但馬

  • 印刷
タブレットの画面上で出されたサインに応えるゴマフアザラシ=城崎マリンワールド
拡大
タブレットの画面上で出されたサインに応えるゴマフアザラシ=城崎マリンワールド

 城崎マリンワールド(兵庫県豊岡市瀬戸)が、新型コロナウイルス感染への不安や、遠方で来場できない人にオンラインで動物に親しんでもらおうと、「おうちからアザラシにサインを出すツアー」をウェブ上で開いている。30日まで。

 同園はイルカとの触れ合いやバックヤードツアーなどの人気イベントを休止。水槽越しにトドに餌をやるツアーなど密集、密接しない体験に切り替えた。

 初企画のオンラインツアーはビデオ会議システム「ズーム」を活用。ガイドの飼育員を通じて、ゴマフアザラシ3頭を普段は入場できない水槽の中から画面越しに見られ、ジェスチャーのサイン出しも楽しめる。

 5日は、東京都の中学2年の生徒(14)と大阪府の小学3年の女児(9)が参加。3頭の名前を呼びながらヒレを振る「バイバイ」や、「キス」のサインを送った。女児は「スムーズに指示を聞いてくれた。バイバイがかわいかった」と喜んだ。

 各日午後2時から約30分。定員2組(料金千円)。ウェブ上で10日前から予約できる。(竜門和諒)

但馬の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ