但馬

  • 印刷
3機が縦一列に並んだ駐機場=但馬空港
拡大
3機が縦一列に並んだ駐機場=但馬空港

 九州に接近した台風10号を避けて但馬空港(兵庫県豊岡市岩井)に避難してきた中型機「ATR42-600」3機が6日から7日午前にかけて、駐機場スペースに縦一列に並ぶ光景が見られた。同空港の駐機場は中型機3機まで収容できるが、普段見られるのは1機のみ。1994年の開港以来、3機が並ぶのは初めてという。

 日本エアコミューター(JAC)はATR9機を所有し、同空港や鹿児島県の離島などで定期便を運航している。今回の台風の影響で但馬空港は6日午後と7日の定期便が欠航したが、駐機場には6日午前から正午にかけて、ハイビスカスの塗装が施された機体など3機が相次いで着陸し、ずらりと並んだ。

 開港当初から勤務するJAC但馬空港所の山本等所長(49)によると、2018年にも台風を避けて3機が滞在したが、一列には並んでいなかったという。

 同空港ターミナルの村上修空港長(56)は「3機を止められる但馬空港の機能が発揮できた」と話す。7日午後にはそれぞれ鹿児島などへ戻った。(阿部江利)

但馬の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ