但馬

  • 印刷
現代アートの作品が並ぶ会場=豊岡市中央町
拡大
現代アートの作品が並ぶ会場=豊岡市中央町

 兵庫県豊岡市内各地で開催中の豊岡演劇祭に合わせ、県内の芸術祭や出展作品を紹介する特別展が、同市中央町の旧料亭「とゞ兵(ひょう)」で開かれている。築約90年の旧料亭の雰囲気を生かして展示された現代アートの作品などが楽しめる。22日まで。

 県や神戸市、各地の芸術祭実行委員会など12団体でつくる「アートde元気ネットワークひょうご推進会議」が企画。地元住民や演劇祭の来場者らに、県内各地の芸術に触れてもらおうと初めて開催した。

 「とゞ兵」は江戸時代創業との資料も残る老舗料亭。昨年春に埼玉県から移住した設計施工業の男性が少しずつ改装し、アートイベントなどの拠点施設として、コーヒースタンドや音楽イベントを開いている。

 会場では、現代アートの公募展「あさごアートコンペティション」(朝来市)で大賞に選ばれたアルミニウム製ウサギの立体造形の模型など3点、養父市の「木彫フォークアートおおや」の作品5点を個室や廊下で展示。ほかに「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」(神戸市)や「龍野アートプロジェクト」(たつの市)を紹介する映像などが見られる。

 同会議の担当者は「由緒ある建物と現代アートのコラボを楽しんでほしい」と話している。

 入場無料。午前10時~午後5時。(阿部江利)

但馬の最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 21℃
  • 10℃
  • 0%

  • 21℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ