但馬

  • 印刷
漁船の上で公演する「アオキッド×たくみちゃん」=20日、豊岡市竹野町竹野
拡大
漁船の上で公演する「アオキッド×たくみちゃん」=20日、豊岡市竹野町竹野
漁船の上でパフォーマンスを披露した青木直介さん(左)と橋本匠さん=豊岡市竹野町竹野
拡大
漁船の上でパフォーマンスを披露した青木直介さん(左)と橋本匠さん=豊岡市竹野町竹野
まるで銅像のように立つ塚越ピカルさんのパフォーマンス=20日、豊岡市城崎町湯島(撮影・大山伸一郎)
拡大
まるで銅像のように立つ塚越ピカルさんのパフォーマンス=20日、豊岡市城崎町湯島(撮影・大山伸一郎)
城崎温泉街を練り歩く「トゥー・アール・マンション」=20日、豊岡市城崎町湯島(撮影・大山伸一郎)
拡大
城崎温泉街を練り歩く「トゥー・アール・マンション」=20日、豊岡市城崎町湯島(撮影・大山伸一郎)

 “演劇初心者”ながら、兵庫県豊岡市内で開催された豊岡演劇祭(9~22日)をたっぷり取材した。「仕事で演劇を見ることができるなんてラッキー」と喜んでいたが、甘かった。登場人物に自分を重ねたり、感情を揺さぶられたりして、観劇後は毎回ぐったりしていた。

 じんわりと心に響く展開もあれば、大笑いしたものや、見るのがつらくなった作品も。映像や小道具を駆使した見せ方もあり、演劇の幅広さを体感した。

 フリンジ(周辺会場)の出演者たちは「上演会場や民宿の人に親切にしてもらった」「野菜をもらった」など、地元の温かいおもてなしに感動していた。一方、地元住民からは「どこに行ったら何を見られるのか分からない」と戸惑う声を何度か聞いた。

 紙面では参加団体などを次々に紹介したが、一つ一つの公演の事前告知はほとんど掲載できなかった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で上演情報が直前まで確定しなかったことに加え、「密」を避けるために座席数を抑えたことで多くの公演が早々に完売になっていた。

 主催者側も基本的にウェブサイトだけでの告知になった。フェスティバルディレクターの平田オリザさんは「来年は但馬の方にどのように情報を伝えるか、工夫したい」と話した。

 来年は地元住民がより多く参加できますように。ともにぐったりしましょう。(石川 翠)

但馬の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 90%

  • 20℃
  • 15℃
  • 90%

  • 22℃
  • 17℃
  • 90%

  • 21℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ