但馬

  • 印刷
「夢但馬産業フェア」のための取材に臨む八鹿高校の放送部員たち=冨士発條
拡大
「夢但馬産業フェア」のための取材に臨む八鹿高校の放送部員たち=冨士発條

 兵庫県但馬地域の企業や産業の魅力を紹介する「夢但馬産業フェア」の実行委員会が、今年は初めてオンライン上でフェアを開催している。但馬で働く魅力を中高生ら若者に伝えようと、39社が協力。10月からホームページ上に順次、記事や企画を配信しているほか、動画のライブ配信で企業と交流するイベントやセミナーも実施する。(阿部江利)

 同県や3市2町、各地の商工会などでつくる実行委が開き、今年で7回目。例年は100社近い企業が体育館などにブースを出して技術や商品をPRし、地元住民や高校生らが見学していた。今年は新型コロナウイルス感染防止のためオンライン開催に変更し、ウェブを通じて参加できるようにした。

 記事の配信は今月1日から本格的にスタート。協力企業39社の若手社員が自社の魅力を語る記事を順次、掲載している。11月1~6日には、地元の4高校の放送部員が企業を取材した動画も公開。11月13、14日には動画投稿サイト「ユーチューブ」のコメント機能を使い、企業の担当者と交信できるイベントも開く。

 今月2日には、八鹿高校(同県養父市)の放送部員3人が冨士発條(同県朝来市和田山町筒江)を訪れ、取材と動画収録に挑んだ。同高OBの社員らが「車載用リチウムイオン電池ケースが累計で世界シェア50%、国内シェア70%。社会に貢献できていると感じる」などと魅力をPR。取材した2年の女子生徒(17)は「働く人の誇りに触れ、但馬はすごいと思えるようになった。進学後の選択肢が増えた」と話していた。

 実行委事務局(但馬県民局地域政策室内)TEL0796・26・3686

但馬の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 90%

  • 20℃
  • 15℃
  • 90%

  • 22℃
  • 17℃
  • 90%

  • 21℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ