但馬

  • 印刷
朝来市内で働く社会人の話を聞く高校生ら=和田山高校
拡大
朝来市内で働く社会人の話を聞く高校生ら=和田山高校

 兵庫県朝来市和田山町枚田岡、和田山高校でこのほど、市内で働く社会人の話を聞いてキャリア形成の参考にする「キャリアトークカフェ」が開かれた。1年生約90人が参加。同市に事業所や店舗を置く19の企業や団体に勤める人から仕事のやりがいなどを聞き、将来へのイメージを膨らませた。

 同市が2017年から毎年、和田山高校や生野高校(同市生野町真弓)で続けている。この日は、消防士や介護福祉士、金融業や製造業、運送業の会社員や経営者など多様な職場で働く社会人が参加。生徒は5人程度の班に分かれて“人生の先輩”を1人ずつ囲み、計3回対話を進めた。

 参加した会社員らは「地域の人に支えられて仕事ができる」「自分が作った商品が店頭に並ぶ時にやりがいを感じる」などと、業務内容や働くことの魅力を紹介し、生徒たちも「仕事を選んだ理由は」「新型コロナの影響は」などと次々に質問を投げ掛けた。

 男子生徒(16)は「多くの人の話を聞けて参考になった。商業の知識が生かせる進路を考えているので、銀行員の先輩の仕事に対する姿勢は勉強になった」と話していた。

 生野高校でも11月9日に開く予定。(竜門和諒)

但馬の最新
もっと見る

天気(12月6日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 0%

お知らせ